基本情報 – 一般社団法人盛岡青年会議所 | 盛岡JC
 

基本情報

2017年度 一般社団法人盛岡青年会議所 基本情報

  • 年間スローガン

    「我がこと」が未来を変える

  • 基本理念

    「明るい豊かな社会」の実現へ向けて、ひとやまちを「我がこと」と思い、未来に対して関心を持って主体的に行動できるひとがまちに溢れる運動を展開する。

  • 基本理念

    まちの理想像の実現へ向けて行動を起こし、まちに関心を持つ市民を更に増やす運動を発信する。

     

    未来を担う子供の成長に真剣に向き合える大人を増やし、子供たちが心身ともに成長する機会を提供する。

     

    広い視野と多様な視点でまちに住む全てのひとに共感の輪を広げ、共に高め合う地域社会を実現する。

     

    力強い運動を展開するために、メンバーの資質向上に努め、仲間の輪を広げる。

     

    広報と渉外の相乗効果で組織とまちの魅力を強く発信する。

     

    過去の意志を引継ぎ、組織の方針を明示する。

2017年度 委員会基本方針・事業計画

  • 未来創造室

    まちの未来創造委員会

    委員長  松本 陽吉

    ■基本方針

    もりおかというまちに関心を持つと、多くの魅力が溢れていることに気づくと同時に、未来への問題意識も芽生え、解決すべき課題があることにも気づきます。課題を解決するためには、まちに住み暮らすひとと共に、客観的に課題を認識して、それぞれの視座でまちの資源と新たな魅力を発見し、一人ひとりが、まちの理想像を描くことが大切です。
    私たちは、まちの資源と魅力を活かす学びと実践の機会を通じて「我がこと」と思い行動するひとを増やし、まちへの関心の輪を広げてまいります。自らの行動を通じて、思いやりを持ったひとがまちに溢れ、誰もが未来に対して夢や希望を持ち続けられる社会を創造します。

    ■事業計画

    1 京都会議の情報提供及び参加啓発

    2 まちの未来創造事業の企画・運営

  • 未来の担い手育成室

    未来の担い手育成委員会

    委員長  川村 卓也

    ■基本方針

    未来の担い手である子供たちが成長する過程に於いて、身近にいる大人の行動が子供の人格形成に大きく関わっています。よって、子供たちの周りにいる大人が、子供たちの健全な成長のために、より良い影響を与えられる模範となる行動が大切です。より良いまちの未来のため大人自身が子供の手本となることを認識する機会を提供いたします。
    スポーツは、子供たちにとって楽しむことを原点に、道徳心を養い、礼儀を学び、友情を育み心身の成長を促します。そして、携わる大人たちは、子供たちのひたむきな姿を見て、諦めないことの大切さや相手を思いやる心を感じ取り、子供たちの未来を真剣に考える機会として、第30回わんぱく相撲盛岡場所、第2回JCカップU-11サッカー盛岡フェスティバルを開催致します。

    ■事業計画

    1 未来の担い手育成事業の企画・運営

    2 第2回JCカップU-11サッカー盛岡フェスティバルの企画・運営

    3 第30回わんぱく相撲盛岡場所の企画・運営

    4 第33回わんぱく相撲全国大会への参加

  • 交流推進室

    地域交流委員会

    委員長  本宮 貴浩

    ■基本方針

    まちを構成するのはひとであり、人とひととの繋がりの輪はまちが成長する為の要素の一つです。繋がりの輪を生むためにはひとやまちに思いやりを持って関心を持ち、主体的に相手のことを自分のこととして考えられるような交流の場が必要です。
    そのために私たちは事業を通じて繋がりを感じ、共感が生まれるような交流の機会を提供致します。そこで意識喚起されたひとの繋がりが輪となって拡がり、相手を「我がこと」として考えることでこのまちの未来に誰もが夢や希望を持てるまちへ成長していく契機と致します。

    ■事業計画

    1 新年交賀会の企画・運営
    2 盛岡さんさ踊り練習会の企画・運営
    3 第40回盛岡さんさ踊りの企画・運営
    4 外山森林公園巣箱清掃及び記念植樹の保護の企画・運営

    国際交流委員会

    委員長  小笠原 優

    ■基本方針

    近年急速に進んでいるグローバル化の中、盛岡市は世界に通用する優れた人材育成を育むとともに、多文化共生のまちづくりを進め世界に開かれた活力あるまちをつくる目標を掲げ、外国人生活者も年々増加する可能性が高まっております。国際交流において互いの価値観を受け入れることは価値判断基準の選択肢を広げて行動する機会になり、それを拡げることで地域の活性化へ繋がります。私たちは互いの価値観を共有し、多角的視野を持てる国際交流の場を提供し、他者や地域を自分の事として考えられる思いやりを持った地域活動や活発な地域づくりへと繋げて参ります。
    また長きに亘り育んできた羅東國際青年商會との国境を超えた絆が49年目を迎えます。今年は互いの創立周年という記念すべき年であり、相互訪問の機会に恵まれております。民間外交の重要性を再認識し、互いの歴史・文化に直接触れることで、思いやりの心を更に深めた友好関係を構築していきます。

    ■事業計画

    1 国際交流事業の企画・運営
    2 羅東國際青年商會との姉妹JC交流に向けた勉強会の企画・運営
    3 羅東國際青年商會との姉妹JC交流

  • 会員開発室

    会員開発委員会

    委員長  大和田 祐輔

    ■基本方針

    次代を担う責任世代として私たちは、今ある課題解決に取り組むためリーダーとして個人の資質向上が必要不可欠です。課題解決に取り組む過程で、自ら行動し、実体験を積み資質を向上させていきます。さらに、現代社会ではリーダーとして自身の意志を明確に持つことはもちろんのこと、協働する他者を尊重することが求められています。事業を通じて、リーダーシップをどのように実践するのかを学び、職場、家庭、友人関係など人生におけるあらゆるフィールドにおいてその能力を発揮できる人財の育成に努めます。
    また、実施事業のみならず公益社団法人日本青年会議所から提供される、多種多様なプログラムへ積極的な参加及び参加啓発を行い、様々な角度から知識を得ることで、メンバーの資質向上を促します。

    ■事業計画

    1 メンバーの資質向上に向けた事業の企画・運営
    2 サマーコンファレンスの情報提供及び参加啓発
    3 クリスマス会の企画・運営

    会員拡大委員会

    委員長  及川 尚宏

    ■基本方針

    私たち一般社団法人盛岡青年会議所は明るい豊かな社会の実現を目指したまちづくり運動を行っております。その弛まないまちづくり運動の原動力となるのが会員です。明るい豊かな社会の実現に向けて、地域のために率先して行動する意気溢れる人財を青年会議所の活動、運動を通じて育成すると共に、次世代に活躍する会員を一人でも多く増やす必要があります。そして自らの声で青年会議所の魅力を語る事、会員としての自分に自信を持って自らの魅力を語れる事が会員を増やすための第一歩になると考えます。
    会員が青年会議所の魅力を改めて認識・発信して会員拡大することが重要であり、新入会員を「我がこと」として思いやり本気で意見を交わし合い様々な活動、運動を行うことで、年齢や性別を超えた真の友情が生まれる組織が青年会議所であるという価値観を共有できる機会を提供いたします。

    ■事業計画

    1 新しいJAYCEEの拡大と育成
    2 仮会員オリエンテーションの企画・運営
    3 卒業式の企画・運営

  • 戦略広報室

    広報渉外委員会

    委員長  工藤 尚

    ■基本方針

    まちに住む一人ひとりがまちの未来に関心を持って行動するためには、盛岡青年会議所の展開する運動がより良いまちの未来につながるものとして、市民の皆さまに認知・理解していただくことが必要です。本年度は、現代社会において多様化する情報発信手法の特性を理解した上で適切なツールを選択し、市民の皆様に共感して頂くための実践的な広報を展開して参ります。
    また、メンバーに対し、渉外は盛岡青年会議所、そしてもりおかの認知度向上とメンバーの資質向上に寄与する機会であることを明確に提示することで多くの参画者を創出し、盛岡青年会議所の更なる力強い運動発信に繋げて参ります。

    ■事業計画

    1 アニュアルレポートの作成
    2 広報誌の発行
    3 オフィシャルウェブサイトの運営・管理
    4 広報力向上に向けた取り組み
    5 対外事業の宣伝告知管理と提案
    6 各種渉外受入
    7 岩手ブロック大会(釜石)の情報提供及び参加啓発
    8 東北青年フォーラム(水沢)の情報提供及び参加啓発
    9 全国大会(埼玉)の情報提供及び参加啓発

2017年度 役員一覧・組織図

  • 役員一覧

    ■役 員
    理事長  波紫裕司
    副理事長  中野 美知子
    副理事長  坂東 学
    副理事長  雫石 貫太郎
    副理事長  田貝 裕之
    専務理事  伊藤 淳之介
    室長  宮野 祐樹
    室長  津田 徳明
    室長  鎌田 修司
    室長  箱崎 渡
    室長  日影 直人
    常務理事  藤原 大修
    理事  浅沼 智之
    理事  池野 利彦
    理事  及川 尚宏
    理事  大和田 祐輔
    理事  小笠原 優
    理事  川村 卓也
    理事  工藤 尚
    理事  髙橋 潤
    理事  佐藤 透
    理事  鈴木 俊太郎
    理事  松本 陽吉
    理事  本宮 貴浩
    監事  安達 智彦
    監事  石井 仁
    監事  佐藤 優

    ■直前理事長等
    直前理事長  高橋 一仁

  • 組織図

2017年度 年間スケジュール

  • 年間スケジュール

2017年度 一般会計・特別会計・ 収支予算書

  • 一般会計収支予算書

    2017年1月1日から 2017年12月31日まで  (単位:円)

  • 公益目的支出計画管理特別会計 収支予算書

    2017年1月1日から 2017年12月31日まで  (単位:円)

  • 特別事業支出積立金管理特別会計 収支予算書

    2017年1月1日から 2017年12月31日まで  (単位:円)

2017年度 事業報告書

2017年度が終了してからの掲載となります

2017年度 収支計算書

2017年度が終了してからの掲載となります

2017年度 正味財産増減計算書

2017年度が終了してからの掲載となります

2017年度 貸借対照表

2017年度が終了してからの掲載となります

2017年度 財産目録

2017年度が終了してからの掲載となります