入会案内 – 一般社団法人盛岡青年会議所 | 盛岡JC
 

入会案内

Home  »  入会案内

◆ 理事長あいさつ 第65第理事長 波紫 裕司

自分とは異なる様々な価値観を持った会員が互いに磨き、高めあえる機会に恵まれている青年会議所は「人生最後の学び舎」とも呼ばれています。
このまちを構成するのは人であり、私たち1人ひとりです。2017年度の盛岡青年会議所は、この地域の明るい未来の為に、このまちを「我がこと」と自分のこととして考え、行動をおこして参ります。20歳から40歳までの貴重な青年期だからこそ、様々なことを学ぶ必要があるのです。私たちは互いを磨き合い一緒に行動する仲間を募っております。あなたの価値観を活かしながら、私たちと共に地域を明るく照らしていきましょう。
皆様のご入会、心よりお待ちしております。

JC(Junior Chamber=青年会議所)とは〜明るい豊かな社会の実現〜

青年会議所は『修練』『奉仕』『友情』という三信条のもと、『明るい豊かな社会』の実現を目指し、世界各国で活動しております。青年会議所には品格のある青年であれば、人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意思によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。理事長をはじめ
すべての任期は原則的に単年度制であり、1年ごとに様々な役職を経験することで、会員は豊富な実戦経験を積むことができます。そして、その自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせる事が可能です。
『明るい豊かな社会』を築きあげるため、地域で活動されている方々との交流や情報交換を通して市民意識変革運動を推進する団体、それが青年会議所です。

JC運動を通して得られる機会

青年会議所の運動は、さまざまな事業の開催を通して、リーダーとして必要な技術の習得と向上を図り、そして今以上に地域を活性化するために、ビジネス、個人、地域社会、国際性の4つの(機会の)領域に展開されます。
●ビジネス・・・異業種交流・マネージメント能力の向上・同業者との提携・情報交換
●個  人・・・コミュニケーションスキル・リーダーシップ能力の向上。時間管理、人間関係構築、創造性の育成
●地域社会・・・各種事業企画とそのリーダーの経験、地域社会調査、グループワーク経験、地域社会とのかかわり
●国際性・・・国際的プロジェクトの経験、姉妹青年会議所交流、国際会議の経験、国際事情への精通、他国の人々との友情

入会資格

1)年齢満20歳以上、満40歳未満

2)盛岡広域圏に自宅または会社のある方

3)青年会議所の趣旨に賛同して頂ける方

入会申込

1)所定の入会申込用紙に正しく記入し、事務局に顔写真2枚(カラー5㎝×5㎝・男性はネクタイ、スーツ着用。女性は正装)と共に提出

2)理事またはJC歴2年以上の正会員2名の推薦が必要

入会金と会費

1)仮会員/月10,000円

2)入会金(正会員として正式に入会を認められた時)/30,000円

3)年会費/120,000円(分割可)

正会員になるには

仮会員の期間に (1)理事長面接 (2)例会(月1回)3回出席 (3)委員会訪問(3委員会以上) (4)オリエンテーション1回出席(1)~(4)の条件を全てクリアすることにより青年会議所を体験して頂き、理事会承認を経て正会員になります。

◆ 盛岡青年会議所の歴史と事業紹介

1953年

創設

1968年

■羅東國際青年商會と姉妹締結。以後交流事業に至る
(継続事業 国際交流事業の代表)

姉妹締結を結んでから今年で49年の節目になります。国際的な交流を経験し多くの外国人と友情を深めることができるのも、JCならではの貴重な機会です。

1978年

■盛岡さんさ踊り

(継続事業 まちづくり事業の代表 盛岡青年会議所は主催団体の一つ)

 

盛岡市、盛岡商工会議所と共に主催団体として運営しております。

一般参加できる花車を全開催日運営し一般の方のさんさ踊りパレードを体験できる場を提供しております。

1988年

■わんぱく相撲盛岡場所開催
(継続事業、青少年育成事業の代表)

子どもたちにとってただ勝利にこだわるだけでなく勝者への賞賛の心、敗者への思いやりの心、応援してくれた人への感謝の気持ちを育てる貴重な場となっています。

1994年

■全国会員大会 盛岡開催

 

1月の京都会議から始まり岩手県内、東北、全国そして世界大会といった各地の青年会議所メンバーと交流の機会があります。

1995年

■「地球市民の森」外山森林公園の巣箱清掃
(継続事業まちづくり事業の代表)

 

1994年に盛岡で開催された全国会員大会を記念し、外山森林公園にてブナの木千本の記念植樹が行われ、そのエリアを地球市民の森と名付けました。その翌年巣箱が設置され、毎年巣箱の清掃活動を行っています。

2005年

■衆院選公開討論会

 

青年会議所では、政策本位の選挙実現を目指しております。政治的、宗教的に中立である青年会議所の特徴を生かし、すべての候補者に公平、中立な討論会を実施しています。

2011年

一般社団法人格取得

2016年

■第1回 JCカップU-11
少年少女サッカー盛岡フェスティバル

 

公益社団法人日本青年会議所と一般社団法人日本サッカー名蹴会が 共催で行う少年少女サッカー大会です。国際的に最も盛んなスポーツとされるサッカー を通じて、地域の未来に希望をもたらす人材を育むとともに、大会を通して地域の活性化 に貢献しています。

2017年

創立65周年

http://www.moriokajc.org/wp-content/uploads/2017/01/0008-2-724x1024.jpg
http://www.moriokajc.org/wp-content/uploads/2017/01/0007-2-724x1024.jpg