一般社団法人盛岡青年会議所

基本情報

2021年度 一般社団法人盛岡青年会議所 基本情報

年間スローガン

強く、優しく
~誰もが理想の未来を描き、挑戦できる社会へ~

基本理念

誰もが理想の未来を描き、挑戦できる社会を実現するために、多くのひとを巻き込むべくビジョンを掲げ、すべてのひとが活躍できる公平な機会を提供し前向きな変化を促す運動を展開する。

基本方針

もりおかに住み暮らすすべてのひとと共に住み続けたいまちを実現する。

未来のあるべき姿を描き、すべての子供たちが挑戦できる社会を創造する。

民間外交の価値を再認識し、すべてのひとと共にSDGsの達成に向けて行動する。

青年会議所の価値を再認識し、アクティブシチズンを増やす。

広報メディア戦略に挑戦し、市民意識変革運動の価値を拡げる。


2021年度 委員会基本方針・事業計画

地域開発委員会

委員長 佐々木 裕一

委員会基本方針

 新型コロナウイルス感染症は短期間のうちに我々の生活環境や価値観を大きく変化させました。長年、地域が抱えてきた様々な課題は、一部ではIoTやAIの導入加速により改善の兆しが現れています。その一方で、感染防止の名のもとにあらゆる活動の自粛を求める風潮は、地域経済を停滞させるのみならず、人と人のつながりの希薄化をも招いています。私たちは、誰もが住み続けたいと思える活気溢れるもりおかについて、先端技術や新たな思考方法を取り入れた「ありたき未来」と、これまで受け継いできた「歴史や伝統」の両面から考え、その実現のため、運動を展開してまいります。

事業計画

1.新年交賀会の企画・運営
2.まちの未来創造事業の企画・運営
3.盛岡さんさ踊り練習会の企画・運営
4.第43回盛岡さんさ踊りの企画・運営
5.サマーコンファレンスの情報提供・参加啓発

次世代育成委員会

委員長  沼田 悟

委員会基本方針

 予測不能な出来事が我々の生活環境に影響を及ぼしています。人と社会の関係が離れてしまうことによって、身近な人との関わり合いの中で成長していく子供たちは、様々な機会を失い、自己肯定感が低下している可能性があります。
私たちは未来の担い手である子供たちの興味や関心を知り、自身と他者との価値観を考える機会を提供することで子供たちの公平な思いやりと豊かな人間性を育みます。その中で、子供たちの理想像を共に描き、柔軟な発想を地域へ拡げることで、地域の課題解決に繋げていきます。そして、すべての子供たちがお互いを尊重し認め合う中で、自己肯定感を高め未来のあるべき姿を描き挑戦できる社会の実現を目指します。

事業計画

1.次世代育成事業の企画・運営
2.第33回わんぱく相撲盛岡場所の企画・運営
3.第36回わんぱく相撲全国大会の引率・参加
4.第2回わんぱく相撲女子全国大会の引率・参加
5.京都会議の情報提供・参加啓発

国際社会創造委員会

委員長  瀬川 瞬

委員会基本方針

 世界は今、環境・社会・経済において様々な問題が交錯しており、差別やジェンダーに関する問題もまた価値観や認識の違いにより、深刻化しています。更には新型コロナウイルス感染症が発生し、不安と不信感から国際協調が十分に機能しておらず、その影響や被害にも格差が生じています。現代社会に生きる我々一人ひとりが、問題に対する共通認識と協力体制を持つことが必要です。私たちは羅東國際青年商會とSDGsへの取り組みを通し、価値観や地域特性の違いや共通点を相互理解し、一人ひとりの可能性を拡げ、レジリエンスを持った国際社会で活躍できる人材を育成します。そして、もりおかに住み暮らす外国人と共にSDGsの達成に向けて行動することによって、パートナーシップを構築し、「思いやりの心」をもりおかのまちに拡げていきます。

事業計画

1.国際社会創造事業の企画・運営
2.SDGsの達成に向けた羅東國際青年商會との取り組み
3.羅東國際青年商會との姉妹JC交流の企画・運営
4.ASPAC(台湾/台中)の情報提供・参加啓発
5.世界会議(南アフリカ/ヨハネスブルク)の情報提供・参加啓発

委員拡大委員会

委員長  小倉 征也

委員会基本方針

盛岡青年会議所の会員数が減少傾向にあり、地域に与える影響力の低下が懸念されます。また新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、ひとと接する機会が減少しています。しかし、自己の成長には他者との関わりが欠かせません。多様な価値観に触れ、理解することで人間力が高まる機会になります。持続可能な社会の実現に向けて、外部団体との協働により自発的かつ能動的に行動できる仲間を増やし、前向きな姿勢や思いやりの心で多くの共感を生み、アクティブシチズンと共にあるべき姿を創造します。

事業計画

1.新しい会員の拡大
2.異業種交流会の企画・運営
3.仮会員オリエンテーションの企画・運営
4.新入会員育成ツールの作成・活用
5. 卒業式の運営・企画
6.岩手ブロック大会(陸前高田)の情報提供・参加啓発

JCブランディング委員会

委員長  道下 剛史

委員会基本方針

 盛岡青年会議所は、これまで市民意識変革運動を展開すべく、各事業様々なツールを活用し情報発信を行ってまいりました。
今後は更に多くのもりおかの人を巻き込むべく、会員一人ひとりが組織の活動を把握し、地域へ戦略的に情報発信をすることで、盛岡青年会議所への誇りを持つ事に繋がります。そして、活動や広報を通して情報を読み取る力と活かす力を養うことで、私たちが展開する事業の価値を高め、より多くのひとを巻き込む運動をもりおかに拡げます。

事業計画

1.情報リテラシーに関する取り組みの企画・運営
2.アニュアルレポートの作成・発行
3.広報誌の作成・発行
4.オフィシャルウェブサイトおよびオフィシャルSNSアカウントの運営・管理
5.事業対象者に関する提案
6.対外事業の宣伝告知管理・提案
7.東北青年フォーラム(福島/郡山)の情報提供・参加啓発
8.全国大会(とちぎ宇都宮)の情報提供・参加啓発

未来戦略特別委員会

委員長  吉田将太

基本方針
盛岡青年会議所は現在に至るまでより良い組織であることを追い求めた諸先輩方によって連綿と受け継がれてきました。だからこそ、誰もが挑戦できる組織を次世代に引き継ぐべく組織改革に取り組みます。2020 年度の未来戦略特別委員会で協議した内容をしっかりと引継ぎ、会員拡大の短中期的ビジョンの運用、検証を実施するとともにポストコロナでの組織運営のあるべき姿について検討し、組織運営マニュアルを策定します。

事業計画
1.会員拡大短中期ビジョン・戦略の運用、検証
2.ポストコロナにおける組織運営マニュアルの規定
3.ビジネスマッチングサイトの運用、検証

Share / Subscribe
Facebook Likes

盛岡青年会議所について